BRIDGE INC. ONLINE STORE

ホース「ホース」

販売価格 2,381円(税込2,571円)
型番 HEADZ 97

レーベル:HEADZ
品番:HEADZ97
JAN:4941135330975
フォーマット:CD
発売日:2007/7/4

詳細


hibari musicを主宰し、大友良英のONJOにも参加するフリー・インプロヴァイザ−、宇波拓率いる脱力系フォーキー&グッド・ミュージック・ユニット(?)、ホースの初のアルバムが昨年復活したUNKNOWNMIX(スマ−フ男組の前身、ADSもリリースしてた佐々木敦主宰の伝説のレーベル)よりリリース。
ふいごの古池寿浩、ブラジルの服部玲治、1stCD『popo』(compare notes/map)がジョン・マッケンタイアにも絶賛され、静かなロングセールスとなっているpopoの江崎將史がメンバーとして参加。
ローファイなA & M/バカラック風サウンド、宇波拓のメロディアスで華麗なギター・テクニック、歌声喫茶風コーラス、どれもが素晴らしい怪盤。

未知なる音を混交する、のがアンノウンミックスの神髄だ。
そしてホースほどUMに相応しい存在があるだろうか。
HORSEではない、HOSEである。
天才にして鬼才にして奇才という三才揃った逸材中の逸材、大友良英も豊田道倫も一目も二目も置く男、宇波拓率いるこのバンドは、なんともあけっぴろげに謎めいた愉快で痛快な音楽を朗々と粛々と奏でてみせるのだが、謎めき、とはいえ、それはよく云われるような意味での、ややこしくも魅惑的なる「問い」とか「質問」とか「問題」に満ちた音楽、というようなものではない。
驚くなかれ、ホースの音楽には何と「こたえ」しか存在していないのだ。
そう、ただひたすらに正解ばかりがあって、どこにも問いかけがない音楽。
逆スフィンクスのような音楽。
だからわれわれはそれを聴いて、めいめい質問を考え出さなくてはならない。
断言しておく。このアルバムは、十年や二十年のスパンではなく、一世紀に一枚出るか出ないかの*盤だ。
*の部分に「名」を入れるか「珍」を入れるかは貴方次第。
というより、それらは本当は同じことかもしれないのだが。
佐々木敦(UNKNOWNMIXER)

●解説:小笠原鳥類

copyright BRIDGE INC.