BRIDGE INC. ONLINE STORE

Idiot Pop「IDIOGRAPHY EP4」

販売価格 1,200円(税込1,296円)
型番 IPR-008

レーベル:Idiot Pop Records
品番:IPR-008CD
JANコード:4582237835762
フォーマット:CD
発売日:2016年10月7日

曲目


1.OUR SUMMER feat Shingo Maeda (birds melt sky)
2 There We Go!!! feat. 松田chabe岳二 (セルフリミックス)
3 HOPE feat. Shoko Eida (セルフリミックス) 
4 ワンダーランドfeat .安島裕輔
5 MISS ME feat.JINA LEE (セルフリミックス)
6 Why You are not Here feat Shingo Maeda (セルフリミックス)
7 フリクション feat やまのいゆずる (セルフリミックス)

詳細


Idiot Pop最新作IDIOGRAPHY EP3& EP4二枚同時発売!鳴り止まない!!エモーショナル・ダンスミュージック!!!

「IDIOGRAPHY EP4」
夏の終わりを感じさせるbirds melt skyのShingo Maedaを迎えた名曲T1。 松田chabe岳二をボーカルに迎えたT2は、フューチャーベースでさらにハッピーに、90年 代ピアノハウスにアレンジされたT3。先日、惜しくも解散した元The Flickersのボーカル安島裕輔が参加したT4は、安島のロックを感じさせるシャウトと中毒性あるエレクトロニックサウンドが見事に融合している楽曲になっている。禁断の多数決の「透明感」のサンプリング元の曲であるT5は、ボーカルシンセが鳴り続け、原曲よりさらにエモ度がました。浮遊感のシンセと4つ打ちが心地よいT6。原曲よりさらにアーバンな展開が最高な T7。歌としての機能を十二分にも発揮し、昨今のダンスミュージックにも 対応したEPになっている。

これまで3枚のアルバム、2枚のEPをリリースしてるIDIOT POP。前作の「UNIVERSE」では、より肉体的なバンドサウンドを積極的に取り入れ普遍性の理想のポップアルバム掲げ作り上げたが、次にIDIOT POPが生み出したものは、1stアルバム近い初期衝動に駆られたダンスミュージックだった。
それも自身の楽曲のセルフリミックス。インスト盤とボーカル盤という2枚同時リリース!!! 本人曰く”リセットするため”との事 フューチャーベース、フューチャーハウス、トラップ、トロピカルハウス etc 昨今のトレンドを纏いながらも何処か歪で天邪鬼。
お馬鹿ポップの第二章はここから始まる!!!

プロフィール


テクノドランクアーティストIdiot Pop。 ダンスミュージックで歌謡曲の世界を書き換えたTKの全盛期に思春期を過ごしてしまった彼は、その音楽性と生き方に感銘を受ける。
以来、昨今の時代の音を貪欲に欲しがるテクノビッチ的探求に邁進。そこから得た経験を、あくまでポップさに拘りつつ、楽曲に落とし込む。2009年リリースされた1000枚限定自主制作の1stアルバムが、無名の新人としては異例の1ヶ月で完売し、話題となる。2010年1st EP「IDIOGRAPHY EP」をリリース、2011年Square Enixの名曲Remix シリーズ第3弾「More SQ」、 「キラキラジブリ-RETURNS-」等の話題のコンピにも参加。
2012年”禁断の多数決”に透明感などの楽曲提供し、同年9月2ndアルバム「EXWORLD」をリリース。フレネシ、Chad Valley、PandaBoY など様々なジャンルのゲストを迎え、独自の世界観を作り上げ反響を得る。2013年5月Avec Avec、fu_mouなど自身が注目する計13組のリミキサーをフィーチャーし、今までの楽曲のリミックス+新曲をコンパイルした「TOY POP」をリリース。ジャンルの垣根を越えて多方面から注目を集める。2014年4月今現在理想とするポップ・ミュージックを詰め込んだ3rd アルバム「UNIVERSE」をリリース。
そして2016年10月、昨今のダンスミュージックを独自の視点で昇華し、今までの楽曲をアッ プデートさせたEP「IDIOGRAPHY EP3.EP4」を2枚同時リリース!!紆余曲折、シロクマになる。

copyright BRIDGE INC.