BRIDGE INC. ONLINE STORE

Yasuhiro Morinaga (森永泰弘)「Gong Culture of Southeast Asia vol.3 : Bahnar, Vietnam 」(CON5002)

販売価格 1,500円(税込1,620円)
型番 CON-5002

レーベル:CONCRETE
品番:CON-5002
JAN:4582237839395
フォーマット:CD
発売日:2017/12/15

作品詳細


ベトナム中部高原地帯の北東部と南部に居住するバナ族は、モン・クメール語系に属する民族です。本録音は、サウンドデザイナーの森永泰弘が、2017年の5月と8月にベトナム中部をフィールドワークした際に記録した音源となっています。
今回レコーディングしたバナ族の人たちによれば、彼らのゴングはラオス南部やカンボジア北東部のゴングを水牛数頭と交換して手に入れたものだと言っていました。
そんな彼らは、主にフラットゴングとコブ付きゴングの両方を使い音楽を奏でます。ゴングは8~9つで1セットになっており、そのなかの6つがフラットゴング、残りがコブ付きゴングを使用します。儀礼や祝祭のときには編成が20(フラットゴングが10でコブ付きゴングが10)または22(フラットゴングが11でコブ付きゴングが11)に及ぶこともあるようで、主にフラットゴングがメロディー、コブ付きゴングがリズムを担います。本録音では、2つの異なる集落のバナ族の音楽を録音しています。どちらもインターロッキング奏法を使った演奏で、水牛供儀・葬式・収穫祭などの音楽を、彼らから記録させていただきました。バナ族の人たちは、ゴングを演奏する際、近所に生えている木枝をとってきてナイフで幹の部分を削り、それを撥にゴングを打ち鳴らしていました。しかし、大きなコブ付きゴングを叩いている方だけは、ジャックフルーツの実を撥に使ってゴングを打ち鳴らしていたのがとても印象的でした。ベトナム中部の少数民族にとって、ゴングは生活と密に関係した大事なシンボルであり、この音源もそんな彼らの気持ちが詰まったアルバムになっているといえるでしょう。

トラックリスト


1. Chase the birds to protect the rice
2. The girls celebrate spring
3. Music for the Buffalo Sacrifice
4. Rice Harvest celebration
5. Song at funeral 1 (Before burial)
6. Song at funeral 2 (Before burial)
7. Folk song


プロフィール


森永泰弘
サウンドデザイナー/映像作家
東京藝術大学大学院を経て、映画理論家/作曲家のミシェル・シオンに師事するため渡仏。帰国後は世界中を旅しながら音楽文化の記録をおこなっている。創作活動にも積極的に取り組んでおり、映画・舞台芸術・インスタレーションなど様々なジャンルの作家たちと多くの作品を発表している。 (www.the-concrete.org)

copyright BRIDGE INC.