BRIDGE INC. ONLINE STORE

土井玄臣「針のない画鋲」(NBL223)

販売価格 2,000円(税込2,160円)
型番 NBL223

レーベル:noble
品番:NBL223
JANコード: 4582237840209
フォーマット:CD
発売日:2018/3/9

曲目


1. みえないひかり
2. ハート
3. 日々
4. 謎
5. やさしいピリオド
6. 終点はあの娘の家
7. そこにてる
8. マリーゴールド

コメント


土井さんのアルバムはいつも優しい。夜の街の隅、埃にまみれた物語の裏側、どんなに汚くても、どれだけ救いがないように思えても、どんなものにカメラを向けても、土井さんの歌には出口があり、遠くに光が漏れている。まるで物語の中の彼や彼女にそれらを指し示すように、そしてその祈りのような行為が僕たちの日常にも作用するように、いつだって土井さんの手には魔法のかけらのようなものがかすかに息をするように存在する。そんな中でも「針のない画鋲」はいつもに増してとても優しい。「んんん」から始まり(それはもしかしたら終わりなのかもしれないけれど)、「The Illuminated Nightingale」で夜中をくるりくるりと回りながら旋回し、「ぼんやりベイビー」でまた地上4cmのとこのを浮かびながら歩いてきた主人公らの物語はそこで、柔らかな光に包まれているように見える。優しいメロディと歌声によって。
福富優樹(Homecomings)

きれいなんだけど生々しい
寂しいんだけど寂しくない
弱いんだけど弱くない
暗いんだけど光が届く
そんな音楽。すごいと思う。
マエノソノマサキ(8otto / Muddy Apes)

作品詳細


大阪在住の鬼才シンガーソングライター、土井玄臣(どいもとおみ)のフィジカル作品としては4年9ヶ月振りとなる新作が完成。

繊細で中性的なハイトーンボイスと詩性の高い言葉で紡ぐ歌詞の世界で異彩を放つ、大阪在住のシンガーソングライター、土井玄臣(どいもとおみ)。配信限定でリリースした前作から2年3ヶ月、またフィジカル作品としては4年9ヶ月振りとなる新作が完成。
今作では新曲に加え、「日々」や「マリーゴールド」といった、ライブで人気を博している楽曲も音源化。更に、くるり主宰のNOISE McCARTNEY RECORDSのコンピレーションアルバムに収録されていた、土井のデビュー曲とも言える楽曲「終点はあの娘の家」も、新たにセルフカバーにて再録。
サウンドはほぼ全編ドラムレスの、ギター、鍵盤、そして少しの電子音というミニマルなもので、余計な装飾がない分、土井の艶のあるファルセットボイスや、文学的な歌詞、そしてメロディーメーカーとしての才といった個性が、一層際立っています。内省的なフォークアルバムでもあり、Frank Oceanらの諸作を彷彿とさせる、所謂アンビエントR&B的な響きもある、独特の静けさと浮遊感をまとった作品となりました。
アルバムタイトルは、「針のない画鋲」。役に立たない、存在価値がない、でも優しいもの。それらを捉え、そっと光を照らす、土井玄臣の悲しみと慈しみを湛えた眼差しが、ここにはあります。

●土井玄臣プロフィール
大阪在住のシンガーソングライター。
2010年に発表した自主制作盤『んんん』は、無料配布(希望者が土井のホームページへリクエストのメールを送ると、後日郵送でアルバムが届くというもの。現在は配布終了。)という形態でリリースされ話題になる。
2013年6月、自身が「正式なファースト・アルバム」と位置付けるアルバム『The Illuminated Nightingale』をnobleよりリリースした。
2015年12月、配信限定EP『ぼんやりベイビーEP』をリリース。
2018年3月、ニューアルバム『針のない画鋲』をリリースする。

copyright BRIDGE INC.