BRIDGE INC. ONLINE STORE

山口美央子「恋するバタフライ・ANJU」(PW-05)

販売価格 2,000円(税込2,160円)
型番 PW05

レーベル:pinewaves
品番:PW-05
フォーマット:7”アナログ+CD
発売日:2018/4/21

曲目


トラックリスト:
Side A 
1. 恋するバタフライ

Side B
1. ANJU

作品詳細


“オリエンタルなシンセ・ポップの才媛” 山口美央子がシンガーソングライターとしてキャリア最後に残した名曲「恋するバタフライ」と「ANJU」。編曲は久石譲が担当。すべてを完璧に磨き抜いた日本の80年代ポップ音楽の傑作曲、遂に初シングル・レコード+シングルCD化!

『夢飛行』、『NIRVANA』、『月姫』の3枚のアルバムから山口美央子本人が選んだベストセレクションに、東映のビデオ作品『ANJU』の為に作られた新曲「恋するバタフライ」と「ANJU」が加わり1985年にリリースされたアルバム『ANJU』。その2曲が初シングル・レコード+CDシングル化。
カリプソのリズムにキュートな歌詞、間奏の艶やかな展開にもはっとさせられるトロピカルポップ「恋するバタフライ」。「ビリー・ジーン」を彷彿する導入部からしてダンサブル、シンセ・ベースやシーケンス・フレーズがジョルジオ・モロダーを端々で感じさせてくれるエレクトロニック・ダンス・ミュージック「ANJU」。
編曲はどちらも久石譲が担当。山口美央子のベスト・トラックという声も多くファン人気の高い2曲。
ジャケット裏面に山口美央子本人による楽曲コメントが記載。高音質リマスターCD付属。

【プロフィール】
艶やかで美しく、また抒情性、郷愁も持ち合わせた和の感覚にAORやジャズ、フュージョン、レゲエ等の要素を絶妙に織り交ぜたソングライティング。コケティッシュな歌詞と鼻にかかる声色、しっとり艶やかな歌唱。1980年のデビュー・アルバム発売時に付けられた大胆なキャッチ・コピー『未来の落とし子』にも納得できる早過ぎたオリエンタルなシンセ・ポップの才媛”山口美央子。シンガーソングライターとしての活動を停止した後は、稲垣潤一、今井美樹、岡田有希子、奥菜恵、かとうれいこ、金井夕子、香坂みゆき、郷ひろみ、CoCo、斉藤 由貴、鈴木雅之、瀬戸朝香、千堂あきほ、高井麻巳子、CHIHARU、つみきみほ、ともさかりえ、西田ひかる、西村知美、HOUND DOG、原田知世、光GENJI、藤あや子、藤谷美紀、堀ちえみ、森口博子、やしきたかじん、泰葉、渡辺満里奈等々、錚々たる面々に楽曲提供を行ったことからも分かる稀代のメロディー・メイカー。

copyright BRIDGE INC.