BRIDGE INC. ONLINE STORE

guitarsisyo 「a day in the girls life」(PFCD-80)

販売価格 2,100円(税込2,268円)
型番 PFCD-80

レーベル:PROGRESSIVE FOrM
品番:PFCD80
フォーマット:CD
発売日:2018/7/13

詳細


ポップかつ情景感溢れるセンチメンタルなギターミュージック。

2010年より活動を続けメランコリックなギターを中心に情感を彩るサウンドをプロデュースするミュージシャンguitarsisyo、『a day in the girls life』と名付けられた本作は、2016年にリリースした4thアルバム『gift to her』以来2年振りとなる待望の5thアルバム!

実験的に反復させた味わい深いアコースティックギターとピアノに様々な音をサンプリングし構築する制作手法や、綺羅びやかで生き生きしとした美しくメロディアスな世界観を創りだす作品の方向性に加え、本作においては様々なドラムサンプルが良質なスパイスとしてより楽曲の魅力を高めているのが特徴である。

力強いブレイクから始まりオープニングを飾る「truth」はそうしたguitarsisyoサウンドの原点とも呼べる郷愁感溢れるマイナー進行が耽美な至高のインストと言える。 また対照的にM8「grand」は暖かみや優しさといった側面にフォーカスされた琥珀色の夕陽を見るかのようなチューンである。

そして本作における最もエポックメーキングなトライは、非常に高い評価を得たアルバム『don't watch the sun』を2017年9月にリリースしたShin WadaとのユニットiLUのボーカリストKUROを起用したポイントにある。
M3「on the hill」はギターとブレイクを中心としたクールなトラックにKUROのボーカルとラップが交差するアンセム的なナンバー、クールなブレイクとKUROの特徴的なラジオボイスで始まるM7「redo」は官能的とも呼べるマイナー進行とKUROの表現力溢れたボーカルが絡み合う本アルバムのハイライトの1つ言える。

『a day in the girls life』にちりばめられた11の章は様々な世界観を持ちながら大いなる旅をするストーリーである。

曲目


01. truth
02. field
03. on the hill feat. KURO from iLU
04. advantage
05. grace
06. mio
07. redo feat. KURO from iLU
08. grand
09. harmony
10. child
11. relax

プロフィール


guitarsisyo(ギターシショ)
香川県生まれ。
メランコリックなギターを中心に情景を彩るサウンドを表現するアーティスト。
これまでに『Life is dictionary(2014)』『clearance time(2015)』『good bye my home town(2016)』という3枚のアルバム、『gallop e.p.(2013)』『cherry blossom blooming(2014)』という2枚のEPをオンライン・リリースしている。
学生時代から一人でギター、キーボード等でDTM制作での活動を行う。
その後、活動の拠点を大阪へ移しバンド活動を開始、2012年よりはソロ活動を開始し、DAWでの制作へ移行する。2014年よりソロでのライブ活動も開始。現在は、香川へ戻り制作を主に活動中。
音楽以外にも、ポッドキャスト番組「SCLのコエンタイム!」や「コエンタイム10」のパーソナリティーを務める。
国内アーティストでは、Spangle call lilli line、toe、perfume、山下達郎といったアーティストに、国外ではmice parade、Squarepusher、i am robot and proudといったアーティストなどに影響を受けている。
2016年7月初の全国流通版アルバム『gift to her』をPROGRESSIVE FOrMよりリリース。
2017年、Cyber Frog Recordzによる『Ambient/chillout Compilation』、神戸で開催された「Coentime FES.2017」に参加。
2018年、Cyber Frog Recordzによる『Cyber Frog Compilation』、横浜で開催された「Coentime FES.2018」に参加。
そして2018年7月、2年振りとなる待望のフルアルバム『a day in the girls life』をリリースする。

copyright BRIDGE INC.