BRIDGE INC. ONLINE STORE

TOSHINORI KONDO (近藤等則) / Blue in Amsterdam

販売価格 2,500円(税込2,700円)
型番 TKC-004

レーベル:TKRecording
発売日:2018/10/10
品番:TKC004
JAN:4582237842418
仕様:CD

曲目


1.Where am I ?
2.Crack of the Sky
3.Central Station to Dam Square
4.Free Mumbling
5.Playing here Alone
6.Shadow of Spirit
7.Spirit Flies
8.Stillness is my dear friend

All the trax were made by Channel K in Amsterdam, 2004
Electric trumpet was played in Noborito, Kawasaki-city, 2018

作品詳細


1993年、IMAバンドでの活動を終えた近藤はオランダのアムステルダムにスタジオを構えた。

東京には目もくれず、CD全盛期の音楽産業に別れを告げ、ヨーロッパのミュージシャンと現地でのライブを再開。
同時期に近藤は映像と音の合作を思い立った。イズラエルでのソロ演奏を企立てる。
1994年、日本の映像制作会社と共作した番組「エルサレム混沌の音」がATP賞を受賞。
翌年、近藤はペルーのアンデスを訪れる。マチュピユ遺跡で吹きに吹きまくったらしい。
様々なバンドと世界の街々を旅し、トランペットの音を探求し続けた近藤は地球を、自然をメンバーに選んだ。

2001年、ダライ・ラマ14世からの要請を受けた近藤は、広島の宮島で世界のミュージシャンを集めた音楽祭のプロデュース。2003年、小唄のとよ栄芝をボーカルに迎えたアルバム「THE吉原」がレコード大賞で企画賞を受賞。

当時の最新機、AKAI MPC4000を手にした近藤が。
2004年、アムステルダムで作りためていたトラック。
2018年、そのトラックに吹こうと思った。
江戸時代、舶来物のベロ藍を得た北斎を意識したのか。
Jazzのセオリー、Blueをイメージしたのかもしれない。
自作曲「瀬戸内ブルー」もあったかもしれない。
ともかくこのタイミング。青のグラデーション。

copyright BRIDGE INC.