BRIDGE INC. ONLINE STORE

KONDO・IMA 「KONDO・IMA Live Selection」

販売価格 2,500円(税込2,700円)
型番 TKC006

レーベル:TKRecording
発売日:2018/11/11
品番:TKC-006
JAN:4582237842432
仕様:CD

作品詳細


曲目
1.Last Lost
2.Tea Girl
3.Hoppo
4.Timeless Man
5.China Demonstration
6.Fire Makes Darkness
7.Brain War
8.Stars Night

Toshinori Kondo (Electric Trumpet & Vocal)
Taizo Sakai (Electric Guitar)
HAL-Oh Togashi (Keyboad)
Reck (Electric Bass)
Hideo Yamaki (Drums)

All songs were composed by Toshinori Kondo

解散から25年、KONDO・IMA ライブベスト盤「KONDO・IMA Live Selection」
トランペッターの近藤はニュートーク暮らしを終え、1984年に東京でKONDO・IMAを結成。
International Music Activityの名の通り海外でもライブを開催、フェスにも出演する。
1993年に解散するまで7枚のアルバム、スタジオレコーディングをリリース。
リズムがしっかりしていて、リフがあって、音色の組み合わせやミックスに工夫が凝らされている。
秀逸な仕上がりに納得するスタジオレコーディングに比べ、今回発表されたライブ音源ではバンドの熱を強く感じる。
山木秀夫の正確で爽やかなドラミング。エッジーに突っ込むReckのベースラインがグルーヴを加速させる。
バンドサウンドにRockを覚醒させる酒井泰三のギター。富樫晴生のキーボードが風を通し艶を出す。
近藤等則のトランペットは底抜けに明るい。夜道で冗談を飛ばし合うように、バンドはステージでかけあっている。ノッてる、はしゃいでいる。ちょっかい出す相手、お客を前にした時のボルテージが清々しいく熱いバンドだ。
1~5曲目は1990年4月、CLUB CITTA’(川崎市)でのライブから。
6,7曲目は近藤自身が「謎のテープ」と呼ぶ、詳細不詳のライブから。
最後8曲目は近藤と富樫のデュオ音源。この曲だけ静謐が漂う。始発が走り出した夜の終わりだ。

copyright BRIDGE INC.