BRIDGE INC. ONLINE STORE

MOCKY 「A Day At United」(FOUR137)

販売価格 2,222円(税込2,400円)
型番 FOUR137

レーベル:WINDBELL
品番:FOUR137
JAN:4582237842821
フォーマット:CD
発売日:2018/11/9

曲目


1. Eyebrow Wrestling
2. The Come Up
3. Space Strut
4. A Calm Promise
5. The Great Computer In The Sky
6. The Lonliest Monk
7. Sweet Beat
8. Lulu's Lullaby
9. Dorothea's Cue
Featuring
Mocky - Drums and Compositions
Miguel Atwood-Ferguson - Viola
Randal Fisher - Tenor Sax and Flute
Joey Dosik - Alto Sax and Flute
Aponte Poro - Congas and Percussion
Nia Andrews - Vocals and Percussion
Lucky Paul - Percussion and Electronics
Deron Johnson - Piano and Rhodes*
Mark De Clive-Lowe – Keyboards and Synths**
Harry Foster - Nylon String Guitar and Vocals ***
Brandon Eugene Owens - Acoustic Bass
* except 7 + 8
**Piano on 8, Rhodes on 7
***Clavinet on 5

作品詳細


リリースした全作品がロングセラーとなっているMOCKY の新作!
オリジナル・アルバムとしては2015 年リリースの「KEY CHANGE」に続く待望の6枚目のアルバム!

Kelela / Take Me Apart、Vulfpeck / Mr. Finish Line、Joey Dosik / Inside Voice、Benny Sings / City Melody といったMOCKY 絡みの話題作のリリースが続く中、真打の新作がいよいよ登場。
「メロディを書き留めた紙片だけをもって、コルトレーン、ビル・エヴァンスらと共にスタジオに入り、その場でアルバムを作ったという、マイルスのアルバム"Kind Of Blue" 制作時の逸話が好きなんだ。」


LA移住後に自らホストとなり、不定期ながら続けているライヴ・イヴェント「ACE JAM hosted by MOCKY」。
会場はLAのダウンタウンにあるACE HOTELの最上階。元々は劇場を兼ね備えた映画の撮影スタジオとして1927年に建造された建物をリノベーションし、2014年にホテルとしてオープンした場所。
このアルバムの参加ミュージシャンたちの多くはACE JAMという場を通じ、共に音を出す仲間となった人たちばかり。
LAにいるミュージシャンたちに電話をかけ、参加できるミュージシャンが決まってから彼らの個性を念頭に置き、曲のスケッチを始めたのだと言う。
近年のMOCKY作品には欠かせない、ミゲル・アトウッド・ファーガソン、ジョーイ・ドォシク(ここでは鍵盤ではなく管楽器担当!)、ニア・アンドリューズ に加え、鍵盤奏者、デロン・ジョンソン(マイルス・デイヴィスの "Doo Bop")、管楽器奏者、ランダル・フィッシャー(Kadhja Bonet、デクスター・ストーリー ほか)、ベイシスト、ブランドン・ユージン・オーウェンズ(ケンドリック・ラマー、ロバート・グラスパー、ギャビー・ヘルナンデス、テラス・マーティン、ミア・ドイ・トッドほか)、日本では数々の作品を通じてお馴染みであろう、マーク・ド・クライブ・ロウ など現在、LAをべースに立派なキャリアを築いているミュージシャンたちが初参加していることも大きな特徴。
どこか2009年の4th アルバム「SASKAMODIE」を思い起こさせるこの新作。
パリで録音されたあのアルバムに流れる時間が夜だとすれば、この新作はLAの午後の陽光に微睡む時間のような趣き。
今もFRESHな1971年のスティーヴ・キューン、1973年のクインシー・ジョーンズ、1976年のRoy Ayers Ubiquity、70年代中頃のMizell Brthersの傑作群を聴く時間のような音の快楽に溺れること請け合いの、艶やかな快作。

copyright BRIDGE INC.