BRIDGE INC. ONLINE STORE

PREP 「Line By Line」(ARTPL-108)

販売価格 1,800円(税込1,944円)
型番 ARTPL108

レーベル:PLANCHA
品番:ARTPL-108
JAN:4582237841305
フォーマット:CD
発売日:2018/11/16

曲目


01. Line By Line
02. Don’t Look Back
03. Leaning On You
04. I Can’t Answer That
05. Cold Fire (Two Another Remix)
06. Snake Oil (Giom Remix)
07. Rachel (Royce Wood Junior Remix)

作品詳細


初来日も好評だった、現代のシティ・ポップ・ムーヴメントを牽引するロンドンの4人組、PREP のニューEP『Line by Line』が早くも完成!
アーバン且つアダルティな趣きにポップさが絶妙に融合した極上の新曲4曲。
人気K-POP バンド、Monsta-X のヴォーカルShownu と、先日Yogee New Wavesとのツーマン企画も大盛況だった韓国の新世代インディ・バンド、Se So NeonのSo!YoON!がギターで参加!
日本のみボーナスに前EPに収録されていたトラックのリミックスを3曲追加。


DrakeやAlunaGeorge等のレコーディングに参加し、グラミーにノミネートされたこともあるヒップホップ・プロデューサー、クラシック/オペラ・コンポーザー、ハウス・ミュージックDJ、Riton、Sinead Hartnett、Ray BLK等と共同制作暦のあるシンガー・ソングライターで結成され、2016年にUS西海岸の人気ブログ、Blah Blah Blah Scienceが運営するレーベル、B3SCIからリリースしたファーストEP『Futures』は、リリース後瞬く間に注目を集め、ヘビー・プレイされ、現在までにストリーミングで700万以上の再生を記録。日本でも国内盤がリリースされ、来日も行うなど話題となった、ロンドンの4人組シティ・ポップ・バンド、PREPの3作目のEPが早くも完成。
R&B〜ブルー・アイド・ソウル〜ファンク〜ジャズ〜AORなど様々な素養を絶妙なバランス感覚でブレンドし、巧みな演奏の元、スウィートなハイトーン・ヴォーカルとハーモニーを駆使し、キャッチーなメロディと軽快なグルーヴを生み出すノスタルジックさと新しさを兼ね備えたサウンドはジャンルの垣根を越えて支持されている。

本作では、さらにこれまでのサウンドの流れを汲みつつ、さらにメロウ且つスタイリッシュに進化したサウンドを見せている。Cory WongとPaul Jackson JRが参加した軽快なフルートとリズムにハイトーンのヴォーカルが印象的なタイトル・トラック「Line By Line」で幕を開け、ムーディーなシンセを駆使し、一際メロウに聴かせるファースト・シングル「Don’t Look Back」では中盤にMonsta-XのShownuのソウルフルなヴォーカルがフィーチャーされ、後半にSe So NeonのSo!YoON!がブルージーで味わい深いギターを響かせ彩りを添える。続く『Leaning On You』リズムはアップテンポになり、リズムに乗ってシンガロング・スタイルのアンセミックなサウンドを展開。「I Can’t Answer That」は一際ポップな装いで、程よくアッパーなビートの上をファンキーなベースが走り、トムのヴォーカルが躍動する爽快なシティ・ポップ・ソング。
CDリリースは日本のみで、ボーナス・トラックに前EPの3曲のリミックスが追加収録。
HONNE〜Tom Misch〜FKJ〜Rhye〜Blood Orangeなどの現代インディR&B〜ネオソウル〜AOR〜シティ・ポップまでにアプローチできるサウンド。

PREP:
DrakeやAlunaGeorge等のレコーディングに参加し、グラミーにノミネートされたこともあるヒップホップ・プロデューサー、Dan Radclyffe、エレクロニカを好むクラシック/オペラ・コンポーザーのLlywelyn Ap Myrddin、George Fitzgeraldとツアー暦もある、ハウス・ミュージックのDJにしてドラマーであるGuillaume Jambel、Riton、Sinead Hartnett、Ray BLK等と共同制作暦のあるシンガー・ソングライター、Tom Havelockという様々な異なるバックグラウンドと確かな実力を持った4人組。2016年にUS西海岸の人気ブログ、Blah Blah Blah Scienceが運営するレーベル、B3SCIからリリースしたファーストEP『Futures』は、リリース後瞬く間に注目を集め、ヘビー・プレイされ、現在までにストリーミングで700万以上の再生を記録。アジア圏で圧倒的な人気を誇り、ライヴは軒並みソールドアウト。2018年5月にはニューEP『Cold Fire』をリリースし、初来日公演を行い、実力者ならではの卓越したパフォーマンスをみせ、絶賛された。

copyright BRIDGE INC.