BRIDGE INC. ONLINE STORE

The Gear / This Gear

販売価格 2,500円(税込2,750円)
型番 LPR0003

品番:LPR0004
レーベル:LOCAL PRODUCTION RECORDS
フォーマット:CD
発売日:2020/5/15

詳細


1980年代後半、関西のMODSシーンに忽然と現れた伝説的なR&BバンドTHE GEAR。結成以来30年以上の時を経て、初のアルバムリリース。長い沈黙の時代を経て、再稼働した2017年東京と、京都のライブ音源を収録。東京は、今は無き日本のMODSシーンの聖地であった新宿JAMでのMARCH OF THE MODS35周年記念パーティでの演奏を完全収録。
そのサウンドは、ヤードバーズを荒々しくしたようにも、ジョイ・ディビジョンがブルースをやっているようにも聞こえる。33年の時を経て、語り継がれてきた幻のバンド、The Gearの全貌が、初めて明らかになる。プロデュースは、The Gearと親交の深かったThe HairのヴォーカリストLui Bluesface(The Tokyo Locals)。Luiの主催レーベルLocal Production Recordsからのリリースとなる。

アーティストについて
1987年大阪にて結成、当時MODSのSeaneはまだNEO MODSが主流の中、結成当初からOriginal MODSの好んだ60'sbritish beat groupに傾倒、それらの元となるBlues、RnB、そして即興をともなう演奏スタイルを嗜好、レパートリーはすべてその解釈によるカバーのみ、しかしライブで同じプレイは再びしたくないというそれこそが彼らの云う「MODS BANDを体現する」ということだった 。活動から程無く東京Mods Seaneに迎えられThe Hairと交流をもつようになる。そしてMods Mayday89'と90'続けて出演する。The Hair監修による徳間ジャパンのコンピレーションCD「Cafe au gogo」に二曲収録される。途中Avy(Org)加入、Hiroyama(D)がThe Fave Ravesに参加するも91年まで活動。TanakaがThe Hair加入を期に解散。
のちに幻のバンドとしてと語り継がれてきた 2015年、大阪MODS SEANEのサポートを受けThe GEAR主催のワンマンイベント 「Crawdaddy RnB inc」を期にオリジナルメンバーにより突然再結成、結成時より一貫した揺るぎない演奏スタイルとMODを体現した音、シーンに熱狂的に受け入れられる。 翌 2016 神戸Nude restaurant、2017 大阪 MODS MAYDAY、2017 東京March of the MODS 35thAnniversary等に出演した。

copyright BRIDGE INC.