BRIDGE INC. ONLINE STORE

知久寿焼「知久寿焼のうた その1〜いままでの音源ひとまとめ〜」LP重量盤(BRIDGE-320)

販売価格 3,900円(税込4,290円)
型番 BRIDGE-320

レーベル:BRIDGE INC.
品番:BRIDGE-320
フォーマット:アナログレコード(LP重量盤)
発売日:2021/6/12 ※RECORD STORE DAY JAPAN 2021(RSD Drops)発売

<ご予約・発送についてのお知らせ 2021/3/1>
当商品はレコードストアデイの規約により、ご予約が出来ない商品となります。
発売日の2021/6/12(土)13:00よりご注文を承りますので、何卒ご了承くださいませ。

※アナログ商品の為送料を頂戴いたします。
※通販特典検討中です。


作品詳細


知久寿焼(パスカルズ、ex. たま)が2019年に2枚同時発売した歌手人生初めてのソロアルバムをLP化!それまでCD-Rでのみ販売していた楽曲やコンピレーション収録曲&「ひとだま音頭」の新録バージョンを収録。カッティング本人立ち合いの元、重量盤シングルジャケットでのリリース。

たまやパスカルズといった参加バンドと並行し、長年に渡ってソロ活動を続けている知久寿焼。
ソロ作品としてはライブ物販でのみ販売していたCD-RやライブDVD、コンピレーションCDしかなく、
ライブでしか聴くことができない曲も多数存在している為、ファンからはアルバムを望む声が寄せられていました。
そんな中、ようやく重い腰を上げてアルバム制作に向けて動きはじめ、「まずは今までの音源をひとまとめにしよう」と作られたのが今作です。自主制作CD-Rからの6曲+コンピレーションからの2曲をリマスタリングしまとめました。更にボーナストラックで2018年新録バージョンの「ひとだま音頭」を収録!!
関島岳郎(栗コーダーカルテット)、うつみようこ、大塚やよい(サード・クラス)、中川樹海をゲストに迎え、吉祥寺GOK SOUNDの近藤祥昭氏により24トラックのアナログレコーディングが行なわれました。

地味なテンポのさびしい歌ばかりだけど可愛いメロディの心にしみいる知久寿焼のうたたち。

・曲目


Side A
1. ああぼ〜くはかなし〜よ
2. ひとだま音頭
3. 地図にない場所
4. 月がみてたよ

Side B
1. いつでもいつまでも
2. いちょうの樹の下で
3. みもふたもないうた
4. おるすばん
5. ひとだま音頭(合奏編)

1 コンピレーションCD 『不思議な六月の夜 その2』(FUSHIGI003/2006/廃盤)収録
2〜4 自主制作CD-R『ひとだま音頭』(2007)収録
5〜7 自主制作CD-R『いつでもいつまでも』(2008)収録
8 コンピレーションCD 『不思議な六月の夜』(FUSHIGI001/2005/廃盤) 収録
9 新録(演奏…知久寿焼 関島岳郎 うつみようこ 大塚やよい 中川樹海)

・プロフィール


知久寿焼

ギター、ウクレレ弾き語り。地味なテンポでさびしい歌ばかりうたう。1965年2月10日埼玉県川口市生まれ。2003年バンド「たま」解散。1995年へっぽこオーケストラバンド「パスカルズ」に加入、ウクレレ、口琴、ときどき歌担当。2019年2月54歳にして初のアルバムCD「知久寿焼のうた その1/その2」2枚同時発売。「その1」収録「ひとだま音頭(合奏編)」録音メンバー 〜 うつみようこ(ちんどん太鼓)、関島岳郎(テューバ)、大塚やよい(鍵盤、大正琴)、中川樹海(三線)〜 による「知久寿焼ちんどん楽団」も活動開始。2020年5月エレクトロユニットmacaroomとともに、知久の旧作たちをエレクトロニカの装いで再構築したアルバム「kodomono odoriko/macaroomと知久寿焼」発売、表題曲はmacaroomアサヒの書下ろし曲を知久が歌唱。
趣味はツノゼミ科昆虫の研究。2019年7月にあかね書房より、丸山宗利、小松貴、の両昆虫学者との共著図鑑「ふしぎないきものツノゼミ」を上梓。

copyright BRIDGE INC.