BRIDGE INC. ONLINE STORE

アグネス・チャン/草原の輝き(+3)

販売価格 2,500円(税込2,750円)
型番 BRIDGE328

レーベル:BRIDGE-INC.
品番:BRIDGE-328
フォーマット:CD
JAN:4582561394218
発売日:2021/6/30
オリジナル:L8027 1973/8/25
※2021年最新リマスタリング音源
※W紙ジャケット仕様

作品詳細


収録曲目
1. 草原の輝き
2. シング
3. ひなげしの花
4. トップ・オブ・ザ・ワールド
5. 遠い遠いあの野原
6. うつろな愛
7. 妖精の詩
8. ママに捧げる詩
9. 山鳩
10. サークル・ゲーム
11. 白い色は恋人の色
12. YOU'RE 21 I AM 16
13. 草原の輝き(instrumental)
14. 山鳩(instrumental )
15. 草原の輝き(instrumental with melody)

日本でのデビューから半年経った1973年6月、アメリカンスクールを卒業したアグネスは、東京郵便貯金ホールにて「フラワーコンサート」を開催。7月25日に3枚目のシングル「草原の輝き」がリリースされた後、翌月になってから再び日本へ戻って来る。そして8月25日にリリースされたサード・アルバムが本盤である。
「お元気ですか、アグネスです。三まいめのアルバムです。私がつくった歌もはいっています。」と帯に書かれている通り、
初の自作曲を収録。キサーは吉野金次が担当。オリジナル盤の12曲に加え、ここではボーナス・トラックとしてカラオケ3曲をプラスした全15曲の収録。
アルバムのタイトルにもなった、この時点での最新曲「草原の輝き」は、「ひなげしの花」と並ぶアグネスの代表作となる。
安井かずみと平尾昌晃のコンビが作詞と作曲を手がけてゴールドディスクとなった本曲により、この年の『日本レコード大賞』や『日本歌謡大賞』など、数々の新人賞を獲得。翌1974年3月には第46回春の選抜高等学校野球大会の入場行進曲に選
出された。タイトルはエリア・カザン監督の1961年の映画『草原の輝き』に由来するらしい。同じ年には、山口百恵がアルバムで早くもカヴァーしている。カーペンターズの歌唱でお馴染みの「シング」のカヴァーは、竜崎孝路のアレンジ。

copyright BRIDGE INC.