BRIDGE INC. ONLINE STORE

あがた森魚/ボブ・ディランと玄米少々(LP)

販売価格 3,880円(税込4,268円)
型番 BRIDGE350/3

レーベル:BRIDGE INC.
品番:BRIDGE-357
フォーマット:LP1枚組
2022/8/24発売予定


192kHz/24bitハイレゾで全曲リマスタリング、あがた史上最高音質で!



三浦光紀と出会った1971年の中津川フォークジャンボリーでの「赤色エレジー」、その翌年、ベルウッド・レコードの第1弾発売となった同曲のシングルから、1987年のタンゴ・アルバムより「バンドネオンの豹」、1991年のユニット雷蔵から11分に及ぶ名曲「月食」、そして2019年の名盤『観光おみやげ第三惑星』より2曲を選曲。あがた森魚ならではの意外性に富んだこの選曲、曲順まで練りに練ったアナログならではのベスト・アルバムです。



A面
1 太陽系というふる郷(4:43)
2 にげるんだ有楽町(6:44)
3 百合をあげるペガサスに(3:42)
4 赤色エレジー[ライブ・バージョン 1971年中津川フォークジャンボリー](6:04)
5 赤色エレジー[シングル盤バージョン](4:05)

B面
1 バンドネオンの豹(4:55)
2 月食(11:01) 
3 山羊のミルクは獣くさい オイラの願いは照れくさい(6:31)
4 のわあるわるつ(5:12)



[あがた森魚] ボブ・ディランと早川義夫に衝撃を受け作詞作曲を始め、1970年、鈴木慶一と出会いバンドを結成。その“あがた森魚と蜂蜜ぱい”で1971年中津川フォークジャンボリーや春一番コンサートに参加。そこでキングレコード三浦光紀にスカウトされベルウッドの第1弾アーチストとして1972年メジャーデビュー、そのシングル「赤色エレジー」は50万枚の大ヒット。70年代は『乙女の儚夢』、『噫無情』(松本隆プロデュース)、『日本少年』(細野晴臣プロデュース)とアルバム名作を立て続けに発表。1980年代は突如テクノポップ怪作『乗物図鑑』から始まりヴァージンVSを結成、テレビアニメ「うる星やつら」のエンディング曲「星空サイクリング」など活躍した。1987年にはタンゴブームに先駆けた『バンドネオンの豹』からワールドミュージックへ広がり1990年、それを具現化した雷蔵を結成。21世紀以降現在に至るまでほぼ毎年オリジナル・アルバムを発表し続け、約50タイトルのアルバムを残し、74歳の今なおライブを続けている。

copyright BRIDGE INC.