BRIDGE INC. ONLINE STORE

ホンタテドリ「ホンタテドリ」(cnv-0033)

販売価格 2,500円(税込2,700円)
型番 cnv-0033

レーベル:compare notes / map
品番:cnv-0033
JANコード:なし
フォーマット:アナログ12インチLP
発売日:2013年10月25日

☆本作は、アナログレコードのみの発売です

詳細


消え入るように、囁くように、静謐に
ただただ、音が空気の中に溶けこんでいく奇才たちの宴


 秋山徹次、宇波拓、そして佳村萠の3人からなる美しき三角形……それをホンタテドリと呼んでもいいし、アルバムのタイトルと考えていただいても構わない……でも、ここから実際に流れだしてくる音は、たぶんあなたが想像しているそれとは少し違う貌をしている、と思う。

 現在の日本の実験音楽シーンというものがもし本当にあるとすれば、その場所の世界レベルの最前線にこの数年名前を連ね続けている男が2人、宇波拓と秋山徹次。何より、一筋縄では行かない音楽家であり、共に特異なギター・プレイ、そしてサウンド・アプローチを聴かせるこの2人が、佳村萠というどこまでも透明な存在を触媒に、ちょっとしたユーモアを交えつつ、うねうねと捻れまくりながらポップ・ミュージックに対して向き合ったのが、この『ホンタテドリ』だったりする。ソロ・アーティストとして彼らがそれまで聴かせてきた実験的な音の粒、もちろんこの作品の端々からそんな響きを楽しむこともできるだろう。聴いていただければ分かる通り、ここにはポップ・ミュージックへの愛情、そして抑揚で音を紡ぐことの面白味、そして佳村の透明な歌声を唯一の道標として、どこへ連れて行かれるのか分からぬ奇妙な世界観が記録されている。また、その奇なるサウンドはもちろん、言葉をひとつひとつ丁寧に摘み上げる佳村萠の歌声に耳傾けてほしい。
 また、本作は音質を検討し、アナログ・レコードのみでのリリース。88.2kHz/32bitでの入稿により、強烈に美しい響きを実現している。また、ジャケットも、佳村萠の印象的なアートワーク、メンバーたちの手によるハンドメイドで1枚1枚作られている。

 これらの音をアナログ・レコードのA面・B面に記したのは、決してCDの代替えとしてではなく、裏と表(どちらがどちらだ?)の枠の中でひとつのストーリーを作り上げるため。少し野蛮で、恐ろしく洗練された音の冒険譚、ただただ身を委ねてみては、いかが?

曲目


side-A
1 月からの風 〜コゲラ〜
2 帆と歩 〜ヒンズイ〜
3 月の島の鳥 〜エピオルニス〜
4 キッチン、本棚 〜アオバズク〜
5 白でもない光、黒いでもない闇 〜センニュウ〜
6 始祖鳥の飛翔に関する考察

side-B
1 露の雫
2 芽と種のボッサ
3 サボテンミソサザイのテーマ
4 ブックエンズ

copyright BRIDGE INC.