BRIDGE INC. ONLINE STORE

White Reaper「White Reaper Does It Again」(MWDC-186)

販売価格 2,200円(税込2,376円)
型番 MWDC-186

レーベル:Moorworks
品番:MWDC-186
JAN:4562384324869
フォーマット:CD
発売日:2015年7月15日

曲目


01. Make Me Wanna Die
02. I Don't Think She Cares
03. Pills
04. On Your Mind
05. Last 4th of July
06. Alone Tonight
07. Candy
08. Sheila
09. Friday the 13th
10. Wolf Trap Hotel
11. Don't You Think I Know?
12. B.T.K.

詳細


アメリカ・ケンタッキー州はルイビル出身の4人組ガレージ・ポップ・バンドWhite Reaperのデビュー作『White Reaper Does It Again』のリリースが決定した。昨年名門PolyvinylよりリリースされたセルフタイトルのEPは、亡きJay Reatardを背景にTy SegallやThee Oh Seesと共鳴するサウンドで話題を呼んだ。

Polyvinylとのサイン後2作目となる今作は彼らの記念すべき1stフルアルバムである。本人たち曰くDeerhoofを始めとしたアーティストとのツアーを経て成長したサウンドがあるという本作は、彼らのサウンドを確立させた作品になっていると言って良いだろう。純粋なロックンロール・ミュージックに、新たに加わったキーボードがサーフ感を生み出し、キャッチーで少し泥臭い、そんなガレージ・ポップ_・サウンドだ。エンジニアはKevin Ratterman(Young Widows、Coliseum)を起用。衝動で固められた最高のデビュー作は”今”聴くしかない。

White Reaperはアメリカ・ケンタッキー州はルイビルにて結成されたガレージ・パンク・バンド。3人編成で作られた1st EP『White Reaper』は名門Polyvinylよりリリースされ、話題を呼ぶ。数々のツアーをこなし成長した1stフル・アルバム『White Reaper Does It Again』は、新たにキーボードを迎え最高のガレージ・ポップ・アルバムに仕上がった。

copyright BRIDGE INC.