BRIDGE INC. ONLINE STORE

ワールドスタンダード『ディスカバー・アメリカ・ボックス』4CDボックス ≪ブリッジ通販限定発売≫

販売価格 8,500円(税込9,180円)
型番 EGDS-77/80

作品詳細


発売日:2018/12/21(金)
ブリッジ通販限定発売
数量限定600セット、シリアルナンバー入り

レーベル:BRIDGE-INC.
品番:EGDS-77/80
フォーマット:CD4枚組ボックス・セット
仕様:豪華ワンピース・ボックス、デジパック、32頁ブックレット
※写真はイメージとなります。実際の商品の色調とは異なる場合があります。

アメリカの荒野を彷徨うロンサム・カウボーイ。あるいは、拠り所を求めて旅から旅へと向かうホーボー。ワールドスタンダードa.k.a.鈴木惣一朗が記録し続けた、旅の軌跡。

ワールドスタンダードこと鈴木惣一朗が、細野晴臣主宰の「デイジーワールド・ディスク」より、細野をプロデューサーに、時にスピリチュアル・ガイダンスとして迎えながら、1997年から2002年にかけリリースした「ディスカバー・アメリカ・シリーズ」と呼ばれる三部作、「カントリー・ガゼット」、「マウンテン・バラッド」、「ジャンプ・フォー・ジョイ」という3枚のアルバム。長らく入手困難とされてきた3枚だが、初作のリリースから20年を経て、最新リマスタリングを施し、更にレア・トラックを収録した1枚のアルバムを加えてメモリアルな限定ボックスとなって登場!

1枚目、97年リリースの「カントリー・ガゼット」は、深い霧の中を漂うようなアンビエント・サウンド、リリカルでメロウなバンジョーの爪引き、壊れたように叩きつけるドラムとブラシの乾いた音色、不穏なベースライン、砂漠に陽炎のように揺らめくトレモロなど様々な音色が静寂の中に飲み込まれては消える、サンプリング・コラージュによって描かれた作品。プロデューサーとしてクレジットされている細野晴臣自らが弾き奏でるブルージーなガットギターも聴くことが出来る。
そのディスコグラフィーにおいてもひときわ特異な成り立ちと構成を持ち、サンプリング、ノイズの向こうのアメリカをあぶり出したストレンジな傑作。

2枚目、99年リリースの「マウンテン・バラッド」は、アメリカ南部の土や草の匂い、ハワイの海風、眩しい太陽の光…一人の音楽家が紡いだ幻のような風景が、ダイナミックな音像の中に立ち昇る。70年代アメリカのシンガーソングライターや、バーバンク・サウンドと呼ばれた一連のレコードに溢れていたのと同じ質感を感じさせるサウンド。流れ出すギター、ピアノ、アコーディオン、ハーモニカ、チェロといった楽器類、さらには子供達の声、オルゴール、鳥のさえずり、コオロギ、教会の鐘、砂嵐のノイズのような音の断片までもが、みなそれぞれに詞(ことば)のない歌を歌っているかのような、ふくよかで芳醇な音の響きに、インストゥルメンタル・グループであるワールドスタンダードの大きな〈歌心〉を感じさせるアルバム。発売時、細野晴臣のみならず、ヴァン・ダイク・パークス、そしてデヴィッド・バーンからも称賛された。

3枚目、2002年リリースの「ジャンプ・フォー・ジョイ」は、収録楽曲のひとつひとつがバラエティに富み、鈴木惣一朗流のポップス集とでも言うべき作品であり、シリーズ完結編。引き続きアメリカ音楽をテーマの軸に据えたオールドタイムなサウンドを基調とするが、ノアルイズ・マーロンタイツ、福岡史朗、藤原マヒト、高田蓮、イノトモ、anonymass(アノニマス)の権藤知彦、徳澤青弦、山本哲也といった様々なミュージシャンとの交流を経て、ドゥー・ワップ、エレクトロニカ、フランス映画のテーマ曲、アンビエント、レゲエ、トラディショナル・ソング、フリージャズ、アシッドフォーク、ライトクラシック、そしてラストを飾るYMOのカヴァーまで、引き出しの多彩さが際立つ作品。

そして4枚目は、3枚のアルバム制作期間中に当たる1996年〜2001年にかけて録音された9曲のレア・トラック集。本邦初公開となる貴重な音源集である。

いずれの作品の中にも、国産アンビエント再評価の波が著しい昨今、純粋なアンビエントとして、また“グッド・ミュージック”として、そして早すぎた“ポスト・クラシカル”として聴くことが出来る楽曲もあるであろう。

付属のブックレットは、ワルスタ研究家である鍋谷政貴による渾身の5万字インタビュー&ライナーノーツ。4枚の作品をより深く理解する手助けとなるに違いない。

豪華ボックスは小田島等の原画から新たにデザイン。
再び旅に出るかのような二人に導かれ、今あらためてワールドスタンダードの旅を振り返る時は来た。
鈴木惣一朗の旅を、そして僕らの旅を―。

プロデュース:鈴木惣一朗(ワールドスタンダード)
リマスタリング・エンジニア:原真人@リマスタリング・ルーム〜リトル・ゴールデン・スタジオ
インタビュー&ライナーノーツ:鍋谷政貴
イラストレーション&アートワーク:小田島等(「COUNTRY GAZETTE」、「MOUNTAIN BALLAD」)、菅野カズシゲ(「JUMP FOR JOY」)、山口洋佑(「OUTTAKES」)
企画、制作、発売、販売:ブリッジ

ディスク.1
ディスカバー・アメリカ・シリーズ Vol.1 「カントリー・ガゼット」
オリジナル・リリース: 1997.8.21
1. INTRODUCTION 
2. GOOD RED ROAD 
3. THE LONELY DRIVER 1952 
4. COUNTRY SAD BALLAD MAN 
5. LOSER'S LOUNGE 
6. OLD MAN BLUES 
7. LOVING SPOONFUL 
8. BILLY STRANGE COUNTRY
9. MY LOW - CHUNED BANJO 
10. 900 MILES FROM HOME 
11. SILENT HOMECOMING 
12. HOLLYVILLE TRAIN 
13. MONTAGE:LONESOME HOBO-LAND 
14. COWBOYS DON'T CRY(HANK WILLIAMS LOST LYRICS)

ディスク.2
ディスカバー・アメリカ・シリーズ Vol.2 「マウンテン・バラッド」
オリジナル・リリース:1999.12.5
1. PROLOGUE:LONE PILGRIM 
2. HAWAIIAN GOLD 
3. ALOHA OE BLUES 
4. THE DRUG CITY 
5. FOREVER GREEN 
6. YELLOW MAN 
7. ROXY ON THE BAY 
8. FOUR STRONG WINDS 
9. LAMENT 
10. JOHN STEINBECK'S TRAVELS WITH CHARLEY 
11. TRANSPACIFIC HOUR 
12. CAROLINE 
13. OLD FAMILY TUNE 
14. MOUNTAIN BALLAD 
15. DUST BOWL BALLADS 
16. THE GRAPES OF WRATH 
17. COWBOY
18. EPILOGUE:SUN FUN 

ディスク.3
ディスカバー・アメリカ・シリーズ Vol.3 「ジャンプ・フォー・ジョイ」
オリジナル・リリース:2002.4.3
1. ALLEGRIA BORICUA SYMPHONY 
2. CRAZY CRAZY CRAZY 
3. THE SOUND OF YOUR VOICE 
4. BORSALINO BLUES 
5. HOLY MODAL GUITARS 
6. FIRE AND RAIN 
7. COOMYAH 
8. SOUTH AMERICAN FOLK SONG 
9. GHOSTS 
10. ALLEGRIA BORICUA REPRISE 
11. SAND SEA SKY 
12. COLUMBIA 
13. GLOW WORMS 
14. TO A WILD ROSE 
15. LOTUS LOVE 


ディスク.4
ディスカバー・アメリカ・シリーズ VOL.0 「アウトテイクス」
※全曲初CD化
1. CHORAL MUSIC "SONG OF JOY" 
合唱音楽(よろこびのうた)
2. A TRIBUTE TO J.G.V. 
ジュール・ヴェルヌのために 
3. TO DANCE WITH A WHITE DOG 
白い犬とワルツを
4. I'M SO LONESOME I COULD CRY 
泣きたいほどに淋しいんだ
5. HOLLYVILLE SUITE NO.1: MOUNTAIN 
ホリーヴィル組曲:マウンテン
6. HOLLYVILLE SUITE NO.2: MUSIC BOX 
ホリーヴィル組曲:オルゴール
7. BIRD ON A BRANCH 
ひとりでいるよ、一羽の鳥が
8. ONE HOME RUN 
ワン・ホームラン
9. JOURNAL STANDARD (2018 REMIX) 
ジャーナル・スタンダード(2018年 リミックス)

■鈴木惣一朗 a.k.aワールド・スタンダード

音楽家。作曲、作詞、編曲、プロデュース、楽器演奏(ドラム、ギター、マンドリン等)。

1959年5月11日生まれ。83年にポップグループ WORLD STANDARD(ワールド・スタンダード)を結成。細野晴臣プロデュースでノン・スタンダード・レーベルよりアルバム『WORLD STANDARD』でデビュー。別ユニットEVERYTHING PLAY(エヴリシング・プレイ)でも『POSH』など3枚のアルバムを発表。97年から5年の歳月をかけた「ディスカヴァー・アメリカ三部作」(『COUNTRY GAZETTE』『MOUNTAIN BALLAD』『JUMP FOR JOY』)は、デヴィッド・バーンやヴァン・ダイク・パークスから絶賛される。

第三回AMDアワード’97・ベスト・ミュージック・コンポーザー賞を受賞

音楽プロデューサーとして、ハナレグミ、ビューティフル・ハミングバード、中納良恵(EGO-WRAPPIN’)、南壽あさ子、湯川潮音、羊毛とおはな、あがた森魚他、ビートルズのカヴァー集『りんごの子守唄』、バート・バカラックのカヴァー集『雪と花の子守唄 』など多くのアーティストや作品をプロデュース。

細野晴臣の東京シャイネス、ドイツのヴィクセル・ガーランド、アメリカのジム・ホワイト、2013年には直枝政広(カーネーション)とSoggy Cheerios(ソギー・チェリオス)を結成するなど国内外のミュージシャンとのさまざまなコラボレーション。

三木鶏郎トリビュートコンサートの音楽監督。映画『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』(吉田大八監督作品)等のサウンドトラックやCM音楽(住友林業、みずほ銀行他多数)、「ジェット・ストリーム」などラジオ番組の構成、選曲なども手がけ、デビュー以来、常に新世界水準の音楽を多方面から発信し続けている。

音楽誌への寄稿や本の執筆も多く、ロングセラーとなった音楽書籍『モンド・ミュージック』三部作、『ひとり』。また、細野晴臣との共著に『分福茶釜』『とまっていた時計がまたうごきはじめた』(平凡社)、『細野晴臣 録音術』『耳鳴りに悩んだ音楽家がつくったCDブック』(DU BOOKS)などがある。

また、2010年の映画『告白』(中島哲也監督作品)に教授役で出演している。

http://www.worldstandard.jp/

copyright BRIDGE INC.